恐怖の8番がまた打った 東海大相模・佐藤が今大会3号含む2安打3打点

[ 2021年7月22日 14:41 ]

第103回全国高校野球選手権 神奈川 5回戦   東海大相模6―0藤嶺藤沢 ( 2021年7月22日    バッティングパレス相石スタジアムひらつか )

藤嶺藤沢戦に出場した東海大相模・佐藤優真選手
Photo By スポニチ

 センバツ王者・東海大相模は下位打線も怖い。「8番・左翼」で出場した佐藤優真(3年)が2安打3打点と大暴れ。2回1死二、三塁で右中間を破る2点三塁打。3回2死には「真ん中にきたカーブを一振りで仕留められてよかった」と左中間席へ今大会3本目となるソロを運んだ。3回戦の横須賀大津戦でも8番で出場し、2本塁打3打点。チームスローガン「つながる」を意識した打撃が、好調につながっている。

 先発したエース・石田隼都(3年)も今大会最長の6回を投げ、3安打7奪三振無失点の好投。ベスト8進出を決め、県内の連勝を45に伸ばした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年7月22日のニュース