ドラフト候補の豊橋中央・星野が「プロに行きたい気持ち強い」 東邦に敗れるも、先頭打者弾で意地

[ 2021年7月22日 17:01 ]

全国高校野球選手権愛知大会4回戦   豊橋中央2ー9東邦(8回コールド) ( 2021年7月22日    岡崎市民 )

<東邦・豊橋中央>5回、鋭い打球を放つ豊橋中央・星野(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 豊橋中央のプロ注目遊撃手・星野真生は先頭打者本塁打を放つなど2安打も、8回コールドで敗退した。

 「1番・遊撃」で先発出場し「主将としてチームに勢いを付けようとファーストストライクを狙って思い切っていった」と豪快な一発で先制点を奪うも、投手陣が東邦打線に打ち込まれた。

 今後については「プロに行きたい気持ちが強い」と明言。ヤクルト・山田哲のような走攻守揃った内野手を目指す。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年7月22日のニュース