侍・岩崎「金メダルの力になれるように」25日の強化試合・巨人戦で日の丸デビュー

[ 2021年7月22日 05:30 ]

侍ジャパン強化合宿3日目

<侍ジャパン強化合宿>ランダウンプレーでボールを野手に投げる岩崎(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 阪神・岩崎は初めて袖を通した侍ジャパンのユニホームに対し、改めて重みを感じながら、最大目標の金メダル獲得につながる快投を誓った。

 「責任感というか、しっかりやらないと、という思いが強い。金メダルを獲得できるように。自分がその力になれるように。100%の力を出せるようにしっかり準備していきます」

 発する言葉一つ一つに自覚も感じられた。メンバーでは中継ぎを主戦場とする唯一の左腕。重要局面での大仕事が期待される。周囲とのコミュニケーションも図っており「自分から積極的にいく感じではないですが(山崎)康晃とか(山本)由伸が声を掛けてくれて助かっています」と笑顔を見せた。

 21日はキャッチボールやダッシュなどで調整。25日の強化試合・巨人戦で侍デビューする予定。「昨日(20日)ブルペンで投げて、ボールの感じ、曲がりだとか違うところがあった。もう一回ブルペンに入りますが、試合で、打者がいる中でしっかり確認できたら」と調整にぬかりはない。(湯澤 涼)

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月22日のニュース