夏の甲子園県予選辞退の星稜にOBの巨人・北村が思い「僕らがしてあげられることはしたい」

[ 2021年7月22日 15:57 ]

<巨人練習>フリー打撃を行う北村(撮影・島崎忠)
Photo By スポニチ

 野球部内で新型コロナウイルスの感染者が確認され、夏の高校野球石川県予選を辞退した星稜について、同校OBの巨人・北村拓己内野手(25)が思いを語った。「残念な気持ちは僕ら以上に現役の3年生は思っていると思いますし、僕らOBが何かできるのかなと考えてはいるんですけど、当然、その気持ちをわかってあげることはできない。悔しいし残念です」と話した。

 最後の夏を迎えていた3年生については「最後の夏は特別ですし、まして戦わずして終わるのは。最後の夏にかける思いが3年生たちはどこのチームもすごい強いと思うので、発散できずに終わるのは、僕が3年生なら悔しいという気持ちで表現できないくらいの気持ち。前向きな気持ちになれるよう、僕らがしてあげられることはしたいなって気持ちはあります」と思いやった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年7月22日のニュース