阪神 石井大、加治屋を抹消…首位快走のチームが開幕後初めて中継ぎ入れ替えで巨人3連戦へ

[ 2021年4月19日 15:14 ]

18日のヤクルト戦で2番手として登板も、4失点を喫した阪神の石井大(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神は19日、石井大智投手(23)、加治屋蓮投手(29)の出場選手登録を抹消した。

 ルーキーの石井大は、キャンプから実戦でアピールに成功し開幕1軍をつかんだものの登板した5試合のうち3試合で失点。18日のヤクルト戦も山田に3ランを浴びるなど、4失点していた。加治屋もここまで7試合で防御率7・94。リーグ首位を走るチームは投手陣が好調をキープしてきたが、開幕後初めて中継ぎ投手の入れ替えを決断した。

 2軍では馬場が防御率1・00、守屋が0・00、エドワーズが1・50と好調をキープしている投手が控えており、ブルペンを再強化してあす20日からの敵地での巨人3連戦に臨む。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月19日のニュース