沢村に聞く「フェンウェイ・パークで投げる姿を想像した」「まずチームになじむ」

[ 2021年2月19日 05:30 ]

オンラインで入団会見に臨んだ沢村
Photo By スポニチ

 ロッテから海外フリーエージェント(FA)権を行使してレッドソックスに加入した沢村拓一投手(32)が17日(日本時間18日)、オンラインで入団会見に臨んだ。

 【沢村に聞く】
 ――メジャーを目指した理由は。
 「野球を始めてプロ野球の世界に飛び込んでやっている以上は、世界の優れた選手が集まる大リーグで自分の力がどれだけ通用するか、試したいなという気持ちはこの数年は特に強かった」

 ――本拠地フェンウェイ・パークの印象は。
 「日本のようにドームじゃなくて外観が赤れんがで、隣の隣くらいにはもうマンションや高速道路があったので、びっくりした。自分が投げている姿とかを想像した」

 ――野球以外に適応していくことは。
 「日本の言葉に“郷に入れば郷に従え”という言葉がある。食事に関しても、生活に関しても率先してなじもうとするし、そこの努力に関してはできる。日本のスタッフがいるのも心強い」

 ――今の目標は。
 「自分が何をすべきか。日本にいる現状では、まずチームになじむこと。監督、コーチ全ての方々に、自分がどういう人間か覚えてもらうこと。その中で、結果を残していければ」

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月19日のニュース