開幕ローテへ虎視眈々 阪神4番手小野が2回無失点 戦線離脱した遥人の穴埋める

[ 2021年2月19日 05:30 ]

練習試合   阪神6ー2DeNA(特別ルール) ( 2021年2月18日    宜野湾球場 )

<D・神>2回無失点の投球を見せ笑顔の小野(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 “遥人の穴”はオレが埋める。4番手で登板した阪神・小野が、2回1安打無失点と好投。高橋が故障離脱して空いたローテの座へ、チャンスをモノにした。

 「ある程度、自分のイメージした球はいった。力まずテンポ良くいけた」

 明らかな変化はフォームだ。リリースの際に以前より、脱力して腕を振り制球も安定。1イニング目となった6回は先頭の乙坂をスライダーで見逃し三振に仕留めると、嶺井も直球で詰まらせて二ゴロ。四球を与え2死一塁となったが、最後は伊藤裕をスライダーで見逃し三振に斬った。

 2イニング目も走者を背負いながらも切り抜け、今春3試合目にして初めての無失点。絶賛したのは矢野監督だ。「めちゃくちゃ良かった。ボールの内容も良いし抑え方も良いし、一個一個自信をつけてくれたら。(今日の)投手はみんなよかったけど小野が一番光っていた」。2年連続で未勝利と苦しむ右腕の意地に目を細めた。

 右脇腹の筋挫傷で高橋の開幕ローテ入りが厳しくなった翌日に見せた背番号28の快投。し烈な競争の再スタートを告げた。「やってることを試合で出して。やることをやって開幕へ向けてアピールできたら」。千載一遇の好機を逃すまいと、その目は燃えていた。(遠藤 礼)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月19日のニュース