堀内さん「今、どうすべきか。みんな!頼んだよ!」志村さん追悼特番に涙 改めて自覚を訴え

[ 2020年4月5日 17:03 ]

堀内恒夫氏
Photo By スポニチ

 元巨人監督で野球解説者の堀内恒夫さん(72)が4日、自身のブログを更新。新型コロナウイルスによる肺炎のため先月29日に死去した志村けんさん(享年70)がレギュラー出演していた日本テレビ「天才!志村どうぶつ園」の追悼特番(4日)を視聴したことを明かし「泣けてきちゃったよ」と思いをつづった。

 堀内さんは「繰り返し言いたい」のタイトルでブログを更新。「プロ野球の開幕も5月になりそうだ。野球がない毎日は正直言ってつまらない。開幕が遅くなればなるほど選手の調整は難しくなるし試合数は減らされる方向にならざるをえないだろう。坂本勇人の2000本安打とかファンのみんなが期待する記録なども厳しくなるばかりだ」とまずは開幕時期が見えないプロ野球への率直な胸中を明かした。

 その上で「でも、繰り返し言いたい。新型コロナウイルスの感染者が日に日に増えている。今、どうすべきか。みんながそれぞれの立場で考えてやらなきゃいけない大事な時だよ」と改めて訴え「志村どうぶう園泣けてきちゃったよ。みんな!頼んだよ!」(原文ママ)と続けた。

 堀内さんは3月30日のブログで「志村けんさんがお亡くなりになられた。歳は2つ違い。俺が現役の時オフのテレビ番組でね、2~3回だったかな?ご一緒したことあるんだよね」「大丈夫だぁ、っていつも言ってたのに。寂しいなぁ…」とブログで志村さんを追悼。翌31日には「志村けんさんの声無きメッセージをみんなで自覚して今、どういう行動をとったらいいのか考えてみてほしい」と呼びかけていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月5日のニュース