広島・森下 ヤクルト・奥川との対決に勝利 “バーチャル”開幕戦2020

[ 2020年4月5日 23:36 ]

広島ーヤクルト戦の画像
Photo By 提供写真

 日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメントによる「プロ野球“バーチャル”開幕戦2020」が開催され、2試合がYoutubeなどで配信された。

 プロ野球の開幕延期に伴い、少しでも楽しみを提供したいと企画。「eBASEBALL プロリーグ」の19年シーズンで活躍した選手が、当初予定されていた開幕カードをゲームソフト「eBASEBALL パワフルプロ野球2020」の特別バージョンで戦う。

 5日には2試合を配信。セ・リーグは広島・森下とヤクルト・奥川のドラフト1位右腕同士の投げ合い。試合は広島が4―1で勝利し、7回1失点の好投を見せた森下に軍配が上がった。

 パ・リーグはソフトバンクが6―2でオリックスに勝利。柳田が2打席連続本塁打を放つなど活躍した。

 試合前には選手からコメントが寄せられ、広島・田中広輔選手が「開幕は遅れてしまいましたが、僕たちはいつ開幕してもいいように準備を進めています。ファンの皆さまもeBASEBALLを応援して開幕を楽しみに待っていてください!」とファンにメッセージを送った。

 この日で全12試合の配信が終了。全ての試合は公式Youtubeチャンネルでアーカイブ視聴ができる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月5日のニュース