楽天・則本昂「魂のこもった投球をお見せしたい」 無観客の可能性については複雑な思いも口に

[ 2020年4月5日 05:30 ]

楽天・則本昂はマスク着用でストレッチする写真を公開(球団提供)
Photo By 提供写真

 開幕投手に決まっていた楽天・則本昂が開幕が白紙になったことを受け、心境を語った。報道陣の取材に対し球団を通じてコメントを発表。今季から選手会長を務めるエースは「現状では仕方ない判断。今は普通に野球ができる環境のありがたみを凄く感じている」と理解を示した。一方で、無観客で開幕する可能性があることには「試合をすることが僕らの仕事ですが、ファンあってのプロ野球なので難しい判断」と複雑な思いを口にした。

 チームは3月30日から活動休止中。新型コロナウイルスの感染予防を徹底した上で、練習再開に向けた準備を進めている。則本昂は自宅でストレッチをしたり、河川敷でランニングをして体を動かし、食生活やサプリメントの摂取などで免疫力を高めることも心掛けている。「最善のケアをして、開幕したら思い切り、魂のこもった投球をお見せしたい」。ファンには「皆さんも最善のケアをしてください。感染しないためだけでなく、人に感染させないためにもマスクをしっかりしてください」と呼び掛けた。(重光 晋太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月5日のニュース