関西独立L兵庫・山科、2回無失点に手応え「少しでも早くプロに行きたい」

[ 2020年4月5日 05:30 ]

2回を無失点に抑えた兵庫・山科
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト候補の関西独立リーグ兵庫・山科颯太郎投手(18)が4日、堺とのオープン戦に登板。得意の縦のスライダーを駆使して7回からの2イニングを2安打無失点に抑えた。

 野茂英雄氏をほうふつさせる最速148キロのトルネード右腕は昨秋指名漏れとなり「少しでも早くプロに行きたい」と最短1年でのNPB入りが可能な兵庫を進路に選択。すでに国内外の複数球団が調査している。「直球とスライダーの切れを見てほしい」と山科。新型コロナウイルスの影響でリーグ戦開幕は早くても今月26日だが、未来を信じて調整を続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月5日のニュース