オリックス・吉田正&山岡「開幕の延期は仕方ない」 17日まで自主練習継続

[ 2020年4月5日 05:30 ]

オリックスの山岡(左)と吉田正
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が再延期となったことを受け、オリックス・吉田正と山岡が球団を通じコメントを発表。ともに、「開幕の延期は仕方ない」と理解を示した上で、感染拡大防止を呼び掛けた。

 吉田正が「感染しない、そして感染させないことを考えて行動していかなければいけない」と危機感を露わにすると、山岡も「感染しないことを第一に考えて行動しなければいけないと思います」と同調。そろって「終息に向かってほしい」と世界規模で悪化の一途をたどる事態の改善を願った。

 球団は今後の練習態勢について、引き続き大阪・舞洲の球団施設で自主練習を行うと発表した。チームは先月31日に感染拡大防止のため全体練習を中止。当初は5日までを自主練習にあてるとしていたが、この日、17日まで自主練習の継続を決定した。また、報道陣に要請していた取材自粛に関しては、時間制限や屋外限定など条件付きで解禁することもあわせて発表した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月5日のニュース