ヤクルト 選手に行動記録要請 高津監督「自覚を持って、健康管理に気をつけて」

[ 2020年3月28日 05:30 ]

高津監督が見つめる中、ブルペンで投げ込む奥川(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは27日、藤浪ら阪神選手の新型コロナウイルス感染発表を受け、全体練習前にミーティングを開いた。球団からは選手に行動記録を付けるように要請。検温だけでなく、嗅覚障害など体調の変化があった場合、すぐにトレーナーに報告するように義務づけた。

 高津監督は「ユニホームを着ている時は集中して頑張ろう。(着ていない時も)自覚を持って、健康管理に気をつけるように」と選手に訴えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月28日のニュース