つば九郎「あそびちゃかつく、わかいしゅうへ」ユーモア封印、外出自粛強く求める

[ 2020年3月28日 20:30 ]

ヤクルトのマスコット、つば九郎
Photo By スポニチ

 ヤクルトの人気球団マスコット「つば九郎」が28日、自身のブログを更新。新型コロナウイルス感染拡大の影響で東京都など各自治体が今週末の外出自粛を促しながらも、それに従わずに外出し続ける若者たちを“一喝”した。

 「がいしゅつじしゅくで、みなさん、いらいらしてませんか?でもここは、しょうらいのため、えらいひとのいうことを、ききましょう」とブログを書き出した、つば九郎。日頃はユーモアあふれる文章やつば九郎らしい“毒舌”で野球ファンを楽しませているが、この日は違った。

 「あそびちゃかつく、わかいしゅうへ」とし、「すこしくらい、がいしゅつしなくてもいいんぢゃねー」とまずは軽くジャブを繰り出すと「それでも、するなら、てれびで、がいしゅつする、しゅちょうをあーだこーだするのはやめよ!ききたくないから」とバッサリ直球で斬り捨てた。

 ブログのコメント欄には「たくさんの人達につばちゃんの言葉が伝わりますように」「つよいことばをきくのははじめてかもしれません」「なぜ外出自粛なのか、小学生でもわかりますもんね」などとファンからの声が届いている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月28日のニュース