レイズ指揮官、筒香の守備力を評価「特別な選手であることが理解できた」

[ 2020年3月28日 02:30 ]

レッドソックス戦で左翼の守備についた筒香(撮影・柳原 直之)
Photo By スポニチ

 電話会見でチームの現状について語ったレイズのケビン・キャッシュ監督が、筒香を「守備が印象的だった。三塁と左翼で良いプレーをしていた。グラウンド内外で特別な選手であることが理解できた」と評価した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で一時帰国中の筒香は、オープン戦で打率・179、13三振と不振ながら、不慣れな三塁も含め堅実な守備を見せていた。この日は当初の開幕日で、指揮官は「奇妙な気分だ」と述べた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月28日のニュース