メジャー27勝ノーヒッター右腕が日本球界へ売り込み!“独特”な日本語でツイート

[ 2020年3月29日 00:44 ]

マーリンズ時代の2013年、タイガース戦でノーヒットノーランを達成したヘンダーソン・アルバレス(AP)
Photo By AP

 メジャー通算27勝で元マーリンズの右腕ヘンダーソン・アルバレス投手(29)が、自身のツイッターを利用し、日本球界移籍へ猛烈な「売り込み」をかけた。

 第1弾は「ヘンダーソンアルバレスが応答してゲームを開く準備ができていることをアジアに知らせますか」と独特な(?)日本語のメッセージと屋内での投球動画に加え、日本に関連するさまざまな公式ツイッターアカウントを添付した。その中には日本ハム、阪神の球団公式アカウントに加え、日本のケーブルテレビ局やスポーツ紙など、さらにソフトバンクグループの孫正義会長兼社長、元大阪市長の橋下徹氏らの著名人のアカウントも。その後、改めて「日本でプレーして、素晴らしい仕事ができることを示したい」とシンプルな日本語でつづった。

 11年にブルージェイズでメジャーデビューしたアルバレスは、13年にはマーリンズでシーズン最終戦にノーヒットノーランを達成。14年には12勝を挙げ、球宴にも選出された。メジャーでプレーしたのは17年のナショナルズが最後で、以降はメキシカンリーグなどに所属。13年のWBC、19年のプレミア12にベネズエラ代表として出場した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月28日のニュース