元台湾代表・彭政閔氏がヤクルトのキャンプを視察

[ 2020年2月6日 09:37 ]

 元台湾代表で2度の五輪とWBCに出場し、現在、台湾・兄弟の副代表を務める彭政閔氏(41)が沖縄県浦添市で行われているヤクルトのキャンプを視察した。

 練習前に高津監督から「彭政閔さんです。首位打者5回、16年連続3割打っていた方です」と紹介されると「ヤクルトのキャンプを見学する機会をいただけてうれしいです。練習や、コーチの指導方法などを、生で見て勉強したい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月6日のニュース