早実が今秋都大会出場辞退 来春センバツ出場の道断たれる

[ 2019年9月13日 19:48 ]

今年3月に行われた第91回選抜高校野球大会開会式
Photo By スポニチ

 春21回夏29回の甲子園出場を誇る高校野球の名門・早実(東京)が今秋東京都大会の出場を辞退したことが13日、わかった。

 この日までに東京都高野連へ出場辞退を届け出、受理された。辞退理由については明らかになっていない。

 来春センバツ出場への重要な参考資料となる秋季東京都大会は7日から1次ブロック予選が始まっており、早実は15日に初戦の予定だった。辞退により来春センバツ出場への道が断たれた。

 ▽早稲田実業 1901年(明34)創立の私立校。小中高一貫教育を行う早大の系属校で、通称は「早実」。野球部は1905年に創部。甲子園出場は春21度、夏29度。主なOBに王貞治(ソフトバンク球団会長)、荒木大輔(日本ハム2軍監督兼投手コーチ)、斎藤佑樹、清宮幸太郎(ともに日本ハム)ら。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月13日のニュース