侍J岡本 最年少22歳4カ月4番 “元同僚”ヘルナンデスとユニ交換

[ 2018年11月16日 05:30 ]

日米野球第6戦   侍ジャパン4―1MLB選抜 ( 2018年11月15日    ナゴヤD )

<MLB選抜・侍ジャパン>勝利し手を振る岡本(中央) (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 侍ジャパン・岡本が08年秋の侍ジャパン発足以降では最年少の22歳4カ月で4番に座った。前日に中越え弾を放った若き大砲は「特にやることは変わらない」と冷静だった。

 初回に三塁内野安打を放ったが、4打数1安打。試合後は16年オフに参加したプエルトリコのウインターリーグで同僚だったヘルナンデスとユニホームを交換した。「またしっかり選んでもらえるようにしたい」と東京五輪を見据えた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月16日のニュース