ロッテ井口監督 入団テストの“A・ロッド”高評価 合否は丸次第か

[ 2018年11月16日 05:30 ]

入団テスト中のロドリゲス(中央)と話をするロッテ・井口監督(右)       
Photo By スポニチ

 ロッテの鴨川秋季キャンプで、入団テストを受けたドミニカ共和国出身のアデルリン・ロドリゲス内野手(26)が15日、井口監督から高評価を受けた。

 「ミートがうまく打率も残せそう。チームにはプラス」。ロドリゲスは右打者で、今季はオリオールズ傘下の2Aでリーグ3位の23本塁打、92打点。メジャー経験はないが、マイナー通算で155本塁打を放っている。イニシャルからニックネームは「A・ロッド」。この日で13日から始まったテストを終えた。ただ、ロッテはFA宣言した広島・丸の獲得に乗り出しており、「その結果も影響してきます」と林球団本部長は合否を出さなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月16日のニュース