西武 巨人戦力外の廖任磊獲得へ 投手力強化へ白羽の矢

[ 2018年11月16日 05:35 ]

巨人から戦力外になった廖任磊(リャオ・レンレイ)
Photo By スポニチ

 西武が巨人から戦力外になった台湾出身の廖任磊(リャオ・レンレイ)投手(25)を獲得する方針であることが15日、分かった。

 投手力強化へ、台湾の大型右腕の将来性を評価した。廖任磊は16年ドラフト7位で巨人入り。2年間で1軍登板はなかったが、今季は2軍で17試合に登板し2勝0敗、防御率2・79だった。2メートル1、125キロの体格から150キロの速球を武器にする右腕は、13日の12球団合同トライアウトに参加。渡辺久信SDは「特定の選手を見ておいてほしいと言ってある」と編成担当にチェックさせたのが廖任磊だったもようだ。今季は10年ぶりのリーグ優勝を果たしたが、チーム防御率4・24はリーグ最下位。大型右腕に底上げの一役を担ってもらう。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月16日のニュース