侍J康晃 完全締め!圧巻1勝2S “ヤスアキジャンプ”に応えた

[ 2018年11月16日 05:30 ]

日米野球第6戦   侍ジャパン4―1MLB選抜 ( 2018年11月15日    ナゴヤD )

<MLB選抜・侍ジャパン>最後を締めた山崎(左)は甲斐と握手 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 「ヤスアキジャンプ」と大歓声で迎えられた侍ジャパン・山崎が9回を3者凡退で締めた。

 今大会1勝2セーブと貫禄を見せた守護神は「トップ選手との対戦は成長材料になった。いい経験をさせてもらった」と収穫を口にした。東京五輪に向け「侍ジャパンの抑えは簡単じゃない。結果を求められるが、日本のレベルの高さを示していきたい」と意気込んだ。

 ▼甲斐 緊張したけれど、凄い打者が多い中で(リードなど)本当に勉強になった。

 ▼上林(6回に右前打を放ち、チームで唯一全6試合で安打)思ったより打てて自信になった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月16日のニュース