巨人 FA西武・炭谷に3年総額6億円用意 16日にも初交渉へ

[ 2018年11月16日 06:41 ]

西武からFA宣言した炭谷
Photo By スポニチ

 巨人は16日にもFA宣言している西武・炭谷と最初の交渉の場を設ける。3年総額6億円規模の条件を用意し、獲得に乗り出す。

 宮崎秋季キャンプを指揮している原監督は直接出馬できないものの、FA選手として公示された14日には「エース(正捕手)の経験は(捕手陣に)刺激を入れる。(炭谷)銀仁朗も我が軍において合致した選手」と最大限の評価をしていた。小林は今季、先発は95試合止まり。来季からは阿部も捕手に復帰する。そこに炭谷も加えることができれば一層の厚みを増すことが可能だ。球団としての誠意を伝える。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月16日のニュース