大リーグ スパイク配色のルール緩和 来季からはチームカラー以外もOK

[ 2018年11月16日 16:13 ]

黒のスバイクを着用するカブスのゾブリスト (AP)
Photo By AP

 大リーグ機構と選手会は15日、選手が着用するスパイクについて、チームカラー以外の配色を認めることに合意した。この新ルールは来季から適用される。

 スパイクの配色についてはチームカラーが少なくとも51%使用されていなければならなかったが、これにより、選手は各自好きな色のスパイクを着用することが可能となる。

 今季にカブスの選手が黒のスパイクを着用して大リーグ機構から警告を受けたが、カブスのチームカラーは青であるため、100%黒のスパイクはNG。ただ、来季からはそうした縛りもなくなり、選手会のトニー・クラーク専務理事は「自身を表現する機会が広がる」と歓迎している。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月16日のニュース