MLB選抜 日米野球史上ワースト5敗…指揮官嘆き節

[ 2018年11月16日 09:30 ]

日米野球第6戦   MLB選抜1―4侍ジャパン ( 2018年11月15日    ナゴヤD )

<MLB選抜・侍ジャパン>2回途中、早々と降板する先発のジョンソン(右) (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 わずか1勝。勝利ボーナスは侍ジャパンの9分の1となる1000万円だけ。選抜チームとしては日米野球史上ワーストの5敗を喫し、MLB選抜のドン・マッティングリー監督は「3試合、リードしていながら終盤逆転されてしまい落とした」と嘆いた。

 開幕前から「トップの投手を出してもらえなかった」と不安視していた通り、投手陣が6試合で平均6・2点を失った。

 セールスポイントだったはずの打線もつながりを欠いた。今季ナ・リーグ新人王のアクーニャに8回、ようやく1号ソロが出たが、直後の1死満塁を生かせず。「あと一本、大きな当たりが出なかったのが敗因。これがシリーズを通して大きな違いになった」と指揮官。東京五輪を見据えて臨んだ侍ジャパンに対し、選手選考とモチベーションの差が結果に直結してしまった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月16日のニュース