侍J 来年3月メキシコと強化試合決定的 19年はプレ五輪イヤー

[ 2018年11月16日 05:30 ]

日米野球第6戦   侍ジャパン4―1MLB選抜 ( 2018年11月15日    ナゴヤD )

<MLB選抜・侍ジャパン>MLB選抜を相手に5勝目を挙げた稲葉監督(左)は(右から)岩貞、笠原とともにナインを出迎える(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 侍ジャパンは年内の試合はなく、プレ五輪イヤーとなる19年に向かう。

 3月には強化試合を予定し、対戦相手はメキシコが決定的となっている。WBSC野球世界ランキングでは6位。稲葉監督にとっては10月に指揮を執ったU―23ワールドカップで、決勝で延長タイブレークの末に敗れた因縁の相手となる。

 11月には同ランキング上位12カ国が出場するプレミア12を戦う。開催国枠として五輪出場が決まっている日本以外の国は、20年東京五輪予選も兼ねる。1次ラウンドは台湾、韓国、メキシコで行われ、スーパーラウンド以降は日本で行う。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月16日のニュース