早大アスリート選抜入試に大阪桐蔭の中川主将らが合格

[ 2018年11月16日 15:17 ]

 早稲田大は16日、スポーツ科学部の2019年度アスリート選抜入学試験合格者を発表し、高校野球甲子園大会で春夏連覇を達成した大阪桐蔭で主将を務め、高校日本代表でも主将を務めた中川卓也内野手らが合格した。

 野球部関係では、同じく高校日本代表の蛭間拓哉外野手(浦和学院)と、田中星流投手(仙台育英)、名倉侑田投手(日大豊山)の計4人が合格。サッカー男子は鳥栖U―18に所属するDF平瀬大(龍谷)が合格した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月16日のニュース