DeNA 劇的延長サヨナラ 前日先発投手ウィーランド代打でつなぎ、最後は倉本決めた!

[ 2018年8月3日 22:53 ]

セ・リーグ   DeNA7―6広島 ( 2018年8月3日    横浜 )

延長11回2死満塁、サヨナラ打を放った倉本(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAが倉本の安打で広島に延長11回サヨナラ勝ち。連敗を4で止めた。前日ヤクルトに優勝マジック点灯を阻止された広島は2連敗。

 DeNAは守護神の山崎康が9回に3点差を追いつかれて6―6で延長戦に突入。10回の2死満塁はソトが空振り三振でサヨナラ勝ちの好機を逃したが、迎えた11回、1死から筒香がこの試合5安打目となる右前打で出塁。代打・乙坂が見逃し三振に倒れ、石川四球で2死一、二塁としてから前日の先発投手・ウィーランドが代打で登場した。ウィーランドは四球を選んで2死満塁。ここで倉本が初球を叩いて右前へサヨナラ打を放った。

 広島は3―6で迎えた9回、2死二塁からメヒアの適時打と会沢の2点適時二塁打で3点差を追いついたが、最後は6番手・一岡が力尽きた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月3日のニュース