マエケン 自己ワースト5四球「指先に力が伝わらない感じ」

[ 2018年6月21日 05:30 ]

ナ・リーグ   ドジャース4―3カブス(第1試合) ( 2018年6月19日    シカゴ )

<カブス・ドジャース>自己ワーストの5四球を与え、3回2/3を5安打3失点だった前田(AP)
Photo By AP

 右股関節の張りによる故障者リスト(DL)入りから復帰2戦目のドジャース・前田は、前回に続いて勝てなかった。

 3回2/3を5安打3失点。メジャー3年目で自己ワーストの5四球を与え「どうしようもない感じでひどかった」と反省した。毎回走者を背負い、4回2死から安打、四球と立ち直る兆しがなく降板。前夜の登板予定が悪天候と球場の電力施設の不具合で流れ、デーゲームにスライド登板したことに触れ「試合の気持ちになっていたので、すぐに寝られなかった。投げるとタイミングが合わず、指先に力が伝わらない感じ」と浮かない表情だった。 (奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月21日のニュース