抹消の中日・松坂 復帰に慎重「見切り発車にはなりたくない」

[ 2018年6月21日 05:30 ]

ウオーキングで練習を再開した松坂(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の松坂がナゴヤドームで全体練習に姿を見せたが、約30分のウオーキングのみで、治療などに専念した。17日の西武戦前に背中のけいれんを起こし、登板を回避。翌18日に病院で検査を受け「背部の軽度の捻挫」と診断され、出場選手登録を抹消された。

 松坂はキャッチボール再開について「明日(21日)、体を動かした感じで大丈夫なら投げるし、まだかなと思えばやらない」と話し、復帰についても「できるだけ早く戻りたいが見切り発車にはなりたくない」とした。勝崎コンディショニングコーチは「本人は硬さが取れてきたと言っていた。投げたいと言っていたが、2、3日は我慢させる」と説明した。球宴のファン投票中間発表でもセの先発投手部門1位で選出は濃厚。慎重に復帰時期をさぐる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月21日のニュース