ロッテ 2軍戦で12連勝中の巨人相手に23安打17得点で大勝

[ 2018年6月21日 20:09 ]

 プロ野球のファームは21日、イースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われた。

 ロッテは巨人戦(ジャイアンツ)で先発全員の23安打を放って17―4で大勝。巨人は連勝が「12」でストップした。ロッテは3番・井上が1号満塁本塁打など4安打8打点。柿沼が1号ソロを含む2安打3打点、ドラフト1位・安田が4安打3打点をマークした。先発・渡辺は7回6安打無失点で4勝目(3敗)。巨人先発・高田は2回2/3を13安打12失点で2敗目(2勝1セーブ)。

 西武はDeNA戦(西武第2)に8―7で9回逆転サヨナラ勝ち。7点を追う7回に6点を返し、9回に3番・山田が右越えに逆転サヨナラ二塁打を放った。山田は3打点。熊代が3安打を放った。先発のドラフト3位・伊藤は5回8安打6失点(自責5)。4番手・中塚が1回1安打無失点で1勝目(3敗6セーブ)。DeNAは白崎が2号満塁本塁打、白根が1号ソロを放った。4番手・須田が2/3回を1安打2失点で1敗目(2勝9セーブ)。

 ヤクルトは日本ハム戦(戸田)に2―0で完封勝ち。先発・館山は6回7安打無失点で2勝目。1番・田代が2安打を放った。日本ハムの3番・清宮は4打数1安打。先発・吉田が5回6安打2失点で9敗目(1勝1セーブ)を喫した。

 ウエスタン首位の阪神はオリックス戦(鳴尾浜)に8―2。坂本が4安打3打点、江越が3安打2打点と活躍した。先発・岩田が8回5安打2失点で5勝目(1敗)。オリックス先発・小林は3回10安打7失点(自責6)で3敗目。

 広島は中日戦(ナゴヤ)に4―1。美間が4回に逆転の2号2ラン、8回に下水流が1号2ランを放った。先発・薮田は4安打1失点の完投で4勝目。中日先発・小熊は5回6安打2失点で1敗目(1勝)。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月21日のニュース