大谷 球宴ファン投票DH部門4位後退 トップと77万票差

[ 2018年6月21日 05:30 ]

エンゼルスの大谷
Photo By スポニチ

 7月17日(日本時間18日)のオールスター戦(ワシントン)のファン投票のア・リーグ第2回中間結果が発表され、右肘じん帯損傷で故障者リスト入りしているエンゼルス・大谷は指名打者部門のトップと約77万票差の35万579票で4位に後退した。

 マルティネス(レッドソックス)が1位をキープ。最多得票は二塁手のアルテューベ(アストロズ)で157万2101票。マイク・ソーシア監督は大谷について「今は練習を制限している」と繰り返し、今月下旬か来月頭に再検査してその後の方針を決める。大谷はリハビリをこなし、ダイヤモンドバックス戦に快勝し連敗を3で止めたハイタッチの列にも加わった。(アナハイム・後藤 茂樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月21日のニュース