PR:

宮崎産経大エース杉尾 甲子園初戦敗退が全国8強に向かう力に

力投する宮崎産経大の杉尾(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 いよいよ、100回目の夏が目前に迫ってきた。23日の南北北海道支部、沖縄大会を皮切りに熱戦が始まる。

 勝っても負けても3年生にとっては最後の夏。その後の人生を大きく変えるかもしれない夏だ。東北福祉大の優勝で幕を閉じた全日本大学選手権で、それを実感した。初出場ながら8強進出を果たした宮崎産業経営大のエース杉尾剛史投手(3年)だ。快進撃を支えた原動力は高校野球。宮崎日大3年夏に甲子園出場も、初戦敗退。上田西(長野)に零封負けを喫し、杉尾も何度も交代でマウンドに立って粘ったが「たくさんの方たちに期待していただいたのに、自分の投球ができず応えられなくて本当に申し訳なくて…」と大学3年になった今もそう振り返る。

 しかし、だからこそ全国へ向かう力が生まれた。生まれ育った宮崎で野球し、高校時代の応援に恩返しがしたいと、一途にふるさとにこだわった。強豪私学の誘いも断って宮崎産業経営大へ進学。設備はあったが、仲間の意識を変えることが一番大変だった。全国を目指すなんて夢のまた夢。「ただ野球がしたくてここに入ったのに」と仲間からは嫌味の一つも言われた。それでも諦めず、先輩にも臆せず意見した。それが今年、周りの上級生の理解もあって花開いた。全国出場、そして8強進出の夢を叶えた。準々決勝で九産大に敗れると杉尾だけでなくナインは目を真っ赤にして号泣した。入部当初を思ったら、どれだけの苦労だったか。久しぶりに見た、純粋できれいな涙だった。

 敗れてもまた、見えてくる希望がある。杉尾を見ながら、そう思った。(記者コラム・松井 いつき)

[ 2018年6月21日 10:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月24日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム