えっ?中田がディズニー映画声優に「僕とキャラ全然違う」

[ 2018年6月21日 05:30 ]

映画「インクレディブル・ファミリー」で初めて声優に挑戦した日本ハム・中田
Photo By スポニチ

 日本ハム・中田が、04年に公開されたディズニー映画「Mr.インクレディブル」の第2弾となる「インクレディブル・ファミリー」(8月1日全国公開)の日本語吹き替え版で声優に初挑戦した。

 パ・リーグ6球団の「親子ヒーロープロジェクト」の企画で同映画とコラボ。大使の補佐官の声を担当した中田のセリフは3つで、それぞれも短かったそうで「セリフの短さにはショックだった。(補佐官の)キャラも僕と全然違う」と苦笑い。それでも家族でよくディズニー映画を見ており「家族は喜んでくれたし、いい経験をさせてもらった」と話した。

 22日から再開するリーグ戦に向け、札幌ドームで汗を流した。首位・西武を1ゲーム差で追う日本ハムの主砲は、サッカーW杯でコロンビアを破った日本代表にも言及。前評判を覆しての勝利に「うちも開幕前は(順位予想が)低くて最下位予想もあった。それを覆せると証明してくれて違った意味でうれしかった」と刺激を受けた。 (東尾 洋樹)

 ▼西武・山川 世界的に有名な作品に声優という形で出演できてとても光栄です。公開されたらオフの日に森と一緒に見に行きます。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月21日のニュース