4回の予定が…DeNA 熊原は大乱調で交代

[ 2018年3月25日 16:57 ]

オープン戦   DeNA―西武 ( 2018年3月25日    横浜 )

 DeNAの熊原が、オープン戦最終登板で大乱調だった。

 25日の西武戦(横浜)に3番手で5回から登板。先頭の炭谷、金子侑、秋山、源田と4者四球で1点を失うと、続く浅村に右前適時打、山川には左中間への2点適時打を浴びた。次の中村から見逃し三振を奪ったところで、ベンチから交代が告げられた。もともと4イニングを予定していたが、開幕ローテーション候補のまさかの荒れっぷりにラミレス監督も我慢しきれなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月25日のニュース