元ヤクルトのバーネット リンスカムとともに開幕故障者リスト入りが濃厚

[ 2018年3月25日 11:16 ]

レンジャーズのトニー・バーネット投手 (AP)
Photo By AP

 レンジャーズのトニー・バーネット(34)とティム・リンスカム(33)の両投手が開幕を故障者リストで迎える可能性が高くなった。球団の公式サイトが24日に伝えた。

 バーネットは日本のプロ野球、ヤクルトでクローザーとして活躍。2016年からレンジャーズに加入して昨季は2年連続で50試合の登板を果たしたが、今キャンプでは腰の張りに苦しみ、13日のブルワーズ戦を最後にオープン戦での登板がない。

 7日にレンジャーズと契約したばかりのリンスカムは右手中指のマメに悩まされており、23日のオープン戦登板を回避。実戦での登板が不足しているため、チームはマイナーで調整させる考えだが、戦列に復帰する時期は未定だという。リンスカムはメジャー通算110勝とこれまで先発投手として実績を重ねてきたが、レンジャーズでは救援投手としての活躍が期待されている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月25日のニュース