ダイヤモンドバックス平野が渡米「楽しみ」 目標は「上原さん」

[ 2018年2月9日 16:34 ]

笑顔を見せ出国する平野
Photo By スポニチ

 ダイヤモンドバックス・平野佳寿投手(33)が9日、成田空港から全日空機で米ロサンゼルスに出発した。ここまで大阪市内のオリックス球団施設などで調整を重ねており「楽しみの方が大きい。メジャーリーグという舞台でチャレンジできる」と意気込みを語った。

 目標はメジャー通算9年で436試合に登板し、13年には抑えとしてワールドシリーズ制覇も経験した上原だ。「40歳を超えてもずっとメジャー活躍されている上原さんに少しでも近づけたらいい。自分の中では(33歳だけど)まだまだできる。ここから頑張っていきたい」と力強く語った。

 メジャーではエンゼルスに移籍する二刀流・大谷の話題で持ちきり。NPB通算156セーブを誇る右腕だが「(知名度は)ゼロだと思っている。ゼロだということをうまいこと使っていきたい」と話した。

 現在、日本ハムが1次キャンプ中のアリゾナ州スコッツデールで14日(日本時間15日)にキャンプ初日を迎える。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年2月9日のニュース