牧田が渡米 パドレスのキャンプへ「ハイチュウ」3ダース持参

[ 2018年2月9日 15:37 ]

パドレスのキャンプ参加のため渡米する牧田
Photo By スポニチ

 大リーグのパドレス入りした牧田和久投手(33)が9日、米アリゾナ州での春季キャンプに参加するために渡米した。出国前に羽田空港で会見した牧田は「ようやくです。長かったという感じはある。実感はない」と、ポスティングシステムを利用して西武から移籍が決まるまでの時間を振り返った。

 持参するのは「ハイチュウ」3ダースだ。レッドソックス時代に田沢(現マーリンズ)が広め、メジャーリーガーの間で人気になったお菓子。右腕は「米国にもあるが、日本のものは味も違うし、おいしいと聞いたのでグレープ、イチゴ、青リンゴを買いました」と、各1ダース準備した。「まだ選手の名前も全然分からない」というチームメートへの名刺代わり。独特なアンダースロー投法より、まずは牧田の細やかな気遣いがメジャーリーガーの間で評判になりそうだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年2月9日のニュース