スポニチ大会注目のドラフト候補 パナ・吉川、日通・生田目ら

[ 2018年2月9日 05:30 ]

パナソニックの吉川
Photo By スポニチ

 社会人野球の第73回JABA東京スポニチ大会(3月11日開幕、神宮など)には、東芝・岡野以外にも注目のドラフト候補が数多く登場する。

 特に高評価を得ているのがパナソニックの吉川だ。1メートル83の長身右腕で最速は148キロ。関大4年時に侍ジャパン大学代表に選ばれ、入社1年目の昨年は宝刀シンカーを武器に都市対抗では三菱自動車岡崎との1回戦で14奪三振で2失点完投するなど活躍した。また、日本通運の155キロ右腕・生田目、Hondaの152キロ右腕・斎藤らにも注目が集まる。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年2月9日のニュース