中日・大島サヨナラ打に笑顔「最後は持ってっちゃいました」

[ 2017年8月11日 05:30 ]

セ・リーグ   中日6―5広島 ( 2017年8月10日    ナゴヤD )

9回裏1死三塁、中前にサヨナラ打を放ちナインに祝福される大島(左)
Photo By スポニチ

 最後は大島が決めた。同点の9回1死三塁から今村のフォークを捉えて二遊間を破る自身3本目のサヨナラ打。最大4点差を追いついての劇勝に「同点まで何もしていないのに、最後は持ってっちゃいました」と笑った。

 前日は、今月7日に長女を亡くした森監督にウイニングボールを手渡した。監督と同じ駒大出身の縁で、故人とは生前に会食するなど交流もあった。14日の葬儀には参列する予定。チームは1分けを挟んで3連勝。「特にこの1週間、いい結果を出して、あいさつに行きたい」と話した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2017年8月11日のニュース