ヤクルト・中村 リード&バットで勝利に貢献

[ 2017年8月11日 21:34 ]

セ・リーグ   ヤクルト10―2中日 ( 2017年8月11日    ナゴヤドーム )

<中・ヤ>完投で6勝目を挙げ中村(左)と握手するブキャナン
Photo By スポニチ

 ヤクルトのバッテリーが輝いた。

 先発のブキャナンは2失点完投。6月30日の阪神戦以来となる6勝目をあげ「ストライク先行できるように、コントロールを意識して投げた」と振り返った。

 女房役の中村は、リードだけでなくバットでも貢献。3回に2点適時打を放つと、5回にも無死一、二塁から左中間への2点適時二塁打。不調だった打撃で4打点を稼ぎ「ヒットを打ててなくて、調子がどうなのかなと思っていた。今日は結果が出て良かった」と自信を取り戻した。バレンティンと山田にアベック弾も飛び出し、投打に快勝。中日にはこれで4連勝となった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年8月11日のニュース