ロッテ 角中同点弾、ペーニャ決勝打で逆転勝ち 西武痛い連敗

[ 2017年8月11日 21:40 ]

パ・リーグ   ロッテ5-3西武 ( 2017年8月11日    ZOZOマリン )

7回1死一塁、ペーニャは勝ち越しとなる中越え二塁打を打つ 
Photo By スポニチ

 ロッテが序盤の劣勢を打線がひっくり返し、連敗を2で止めた。

 初回西武・浅村の14号2ランで2点を先制されたロッテは、2回に西武の三塁・中村の失策で1点を返した。直後再び浅村に15号ソロを打たれ2点差とされたが、5回に角中が右翼席へ2号2ランを放ち同点に追いつくと、7回にペーニャが右中間に適時二塁打を放ち勝ち越し、鈴木も左前適時打で続きこの回2点をあげ試合をひっくり返した。3番手の有吉が2勝目(4敗)。9回は益田がしのいで9セーブ目。

 西武は、浅村の2本塁打のみで追加点を上げられなかった。中継ぎ陣もリードを守りきれず連敗を喫した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年8月11日のニュース