大善寺ホーマーズ逆転勝ち 2番手・江頭5回1失点の好投

[ 2017年8月11日 18:45 ]

高円宮賜杯第37回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント第1日 ( 2017年8月11日 )

5回4安打1失点と好投した大善寺ホーマーズ(福岡)の江頭(右)と吉山照美監督
Photo By スポニチ

 1回戦で大善寺ホーマーズ(福岡)が桜ヶ丘スポーツ少年団(高知)に逆転勝ち。初出場同士の対決を制した。初回に3点を先制されるも、6回に同点。なお1死二、三塁から6番で主将の諸岡が2ランスクイズを決めた。「全員野球です。全国大会のプレッシャーで初回はどうなるかと思ったけど、2回以降は立ち直ってくれた」と吉山照美監督。3回から2番手でマウンドに上がった江頭は、5回を1失点の好投を見せ「自分の投球ができた」と喜んだ。

 2回戦の相手は、大会3連覇を目指す強豪・長曽根ストロングス(大阪)。江頭が「楽しみ。どんどん攻めていきたい」と話せば、諸岡も「自分たちの野球をやって、全力で戦いたい」と誓った。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2017年8月11日のニュース