田沢2敗目 同点場面で手痛い被弾 チームはナ軍4連戦負け越し

[ 2017年8月11日 11:23 ]

ナ・リーグ   マーリンズ―ナショナルズ ( 2017年8月10日    ワシントン )

マーリンズ田沢 (AP)
Photo By スポニチ

 マーリンズの田沢は10日(日本時間11日)のナショナルズ戦にリリーフ登板。2―2と同点の8回からマウンドに上がったが、先頭打者に決勝のソロ本塁打を浴び、1回2安打1失点で今季2敗目を喫した。

 この日の球数は11球。ここ登板3試合は続けて1回三者凡退の好リリーフを見せていたが、今季7本目の被弾で5月15日のアストロズ戦以来の黒星となった。

 マーリンズはこの敗戦でナショナルズ4連戦を1勝3敗と負け越し。なお、この試合でイチローの出番はなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月11日のニュース