プホルス、口火弾&同点打!9回6点差からの大逆転劇をけん引

[ 2017年4月11日 05:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス10―9マリナーズ ( 2017年4月9日    アナハイム )

<エンゼルス・マリナーズ>9回、先頭で今季1号ソロ、2打席目で同点の2点適時打を放ったプホルス
Photo By AP

 大逆転劇をけん引したのはエンゼルスのプホルスだ。先頭でメジャー通算592本目のアーチとなる1号ソロ。37歳の大砲はさらにこの回2度目の打席で同点の2点適時打を放ち「27個のアウトを取られるまで試合は終わらない」と興奮気味に話した。

 9回6点差以上の逆転勝利は球団では、86年8月29日タイガース戦で7点差をひっくり返して以来、31年ぶりの快挙となった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月11日のニュース