前女子代表指揮官 駒大・大倉新監督が初陣勝った

[ 2017年4月11日 05:30 ]

東都大学野球2部   駒大9―0東農大 ( 2017年4月10日    大田 )

 前侍ジャパン女子代表監督で駒大の大倉孝一新監督が、初陣となった2部の東農大戦に快勝した。

 今秋ドラフト候補の左腕・東野が7回3安打無失点と好投すれば、打線も4番・岡田耕が3安打3打点の活躍を見せるなど10安打9得点。3季ぶりの1部復帰へ好発進したが「感慨深いものはこれっぽっちもわいてこない。優勝するのは当然目標だが、それは結果。1試合ずつ勢いを出して、持ってるものを全部出しきる」と話した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月11日のニュース