大谷、中田不在が重く響く 3年ぶりの6連敗「とにかく大きな流れをつくるしかない」

[ 2017年4月11日 22:45 ]

パ・リーグ   日本ハム0―3ソフトバンク ( 2017年4月11日    札幌D )

6回1死、三振に終わった日本ハム・レアード
Photo By スポニチ

 日本ハムは大谷、中田の強力な中軸をけがで欠いた影響がはっきりと出た。好機を何度もつくりながら決定打が出ず2試合連続の零封負け。レアードが来日3年目で初の4番に座るなど打開しようとしたが、この日を含めて直近5試合で計4得点と不振は深刻だ。

 昨季の日本一チームが3年ぶりの6連敗。早くも訪れた試練に栗山監督は「とにかく大きな流れをつくるしかない。絶対勝ちたいという気持ちでやっていく」と切実な表情で話した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月11日のニュース