キャンベル11日実戦復帰も鳥谷大当たりで当面2軍待機

[ 2017年4月11日 05:30 ]

 左手首けんしょう炎で出遅れていたキャンベルが、11日のウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦(鳴尾浜)で実戦復帰することが決まった。左手首を痛めた2月27日の紅白戦以来の実戦となり、「4番・三塁」で出場予定。「たぶん出るよ!ベリーグッド! 手首は問題ない。ダイジョウブ」と明言した。

 ただ、開幕三塁を務めた鳥谷が8試合連続安打中など1軍の内野陣に現状では不安がなく、金本監督からは復帰後も当面は2軍待機の方針を示された。「入るところがない。誰かがケガしたり(調子が)落ちた時に(1軍に)来られるかどうか。いま(キャンベルを)優先的にするとチームがおかしくなるんじゃないかな」。2軍で実戦を重ねながら、昇格のチャンスをうかがうことになりそうだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月11日のニュース