広島 4月負けなし8連勝!菊池1号含む5安打3打点 2位巨人を撃破

[ 2017年4月11日 22:04 ]

セ・リーグ   広島9―6巨人 ( 2017年4月11日    東京ドーム )

<巨・広>7回2死二塁、2ランを放ちガッツポーズを見せ本塁へ駆ける菊池
Photo By スポニチ

 首位攻防第1ラウンドは、広島が菊池の2ランを含む5安打3打点の活躍で2位・巨人を振り切り、8連勝(1分け挟む)を飾った。

 6―6の7回、広島はこの回から登板した森福を攻め、途中出場の小窪の左前適時打で勝ち越し。さらにここまで単打4本の4打数4安打だった菊池の左越え1号2ランでこの回、3点を勝ち越した。

 投げては一時、3点を勝ち越した直後の6回にこの回から登板したへーゲンズが1死も取れず4安打1四球3失点で同点とされ降板も、無死一、二塁で登板した3番手・中田が後続を抑え、勝ち越しを許さなかった。7回の味方の勝ち越しを呼び、今季初勝利を手にした。

 広島は昨季の11連勝以来となる8連勝。4月に入って1分けを挟んで9戦負けなしの快進撃で2位・巨人とのゲーム差を2に広げた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月11日のニュース