秋田クラブ 東北勢初Vならず 2回に隙突かれ3失点

[ 2017年3月28日 05:30 ]

スポニチ主催文部科学大臣杯第8回全日本少年春季軟式野球大会最終日・決勝   秋田クラブ(秋田)0―3星稜中(石川) ( 2017年3月27日    静岡県草薙総合運動場硬式野球場 )

<星稜中・秋田クラブ>ガックリの秋田クラブナイン
Photo By スポニチ

 秋田クラブ(秋田)は東北勢初の大会Vとはならなかった。気比中(福井)との初戦を7―0で勝つと準決勝まで4試合全て完封勝利と、投手力と守備力の強さを見せた。

 しかし、決勝では先発の高橋が2回に連続四球を与えると、そのまま畳みかけられて3失点。阿部正樹監督は「立ち上がりの悪いところを隙を突かれてしまった。もっと秋田の野球のレベルを上げたい」と悔しい表情ながらも、その目は力強かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月28日のニュース